日本の平和を守って28年5ヶ月、行き着く先は占星術師

初めまして、星読み軍師のmasa.です。2022年1月23日にプロの占星術師としてデビュー。この世に生を受け15歳で自衛隊に入隊、日本の平和を守る国防の任についてきたが、訳あって一昨年に離職。気がつくと1年でプロの占星術師としてデビューしていました。

自衛隊での生活では、多くの仲間と知り合うことができ、良いことも悪いことも多くのことをここで学ぶことができました。自衛隊では、『同じ釜の飯を食った仲間』と言う表現をよく耳にします。どんなに辛い状況(戦場や災害派遣)におかれても、同じ釜の飯を食った仲間とであれば、乗り越えられるということです。同胞(これもよく使われる言葉で『仲間』を指す。)がきつい状況であるのに、自分だけ楽をすることはできない。自衛官は、入隊当初からこの仲間との団結を植え付けられるのである。そして、どんなに苦しい状況におかれても必ず任務を全うする責任感を携えて!

自衛官の心には、自己犠牲の精神が刻み込まれている。これが、どんなに困難な状況であろうと正しい状況判断を行い任務を遂行していける原動力となっているのだ。私は、15歳から国に奉仕してきた。このことは、私のバースチャート(出生図)をみても明らかである。そして、30年後の45歳の時、人生の基盤が破壊、そして、再生され奉仕の形が変化すると言うものも刻み込まれていた。

サイキック能力の覚醒である。

これにより、今までは、自衛官という武器・武力による物理的なソルジャーとして、日本の平和のため奉仕をしてきたが、今度は、目に見えない霊的な世界での守り主として、スピリチュアルソルジャーとして活動することとなったのである。それも、『世界を平和にする』という大きな使命のもとにだ。バースチャートには、壮絶な人生の設計図が描かれている。

それは、私だけでなく地球上に生まれてくるすべての人達にである。故に敬虔な思いでバースチャートは読まなければならない。むやみに人に見せたり、話したりする類のものではないと言うことを理解して頂きたい。その上で、自分の人生に向き合い『自分が地球上になにしにきたのか』を解明してもらいたい。私は、そのお手伝いをしているにすぎないのである。

バースチャートを読み解き、自分という神聖さにふれてみることで、自分が当たり前だと思っていた現実を、もう一度見つめ直す切っ掛けとなれば幸いである。一度は、こんなものと決め込んでいた人生が、実はこんなにも光り輝くものであったのだと再認識することでしょう。

関連記事

なにか悩みを解決しようとしてスマホで検索することはありませんか。仕事や恋愛、人間関係にお金や健康面など、人生を生きていくということは悩みの連続ではないでしょうか。人生を生き抜くということは決して楽ではないですよね。一生懸命人生を生きている[…]